自分でデザインする結婚指輪とは?

自分でデザインする結婚指輪には2種類ある

2人の絆の証でもある結婚指輪。せっかくならオリジナルのものを作りたいと考える2人におすすめなのが、指輪を自分でデザインするという方法です。大きく分けて二つあります。
一つ目はセミオーダーという方法です。複数のデザインの中から好みに合わせてアレンジを加えていく方法です。セミオーダーのメリットは予算にあわせたオリジナルリングが作れるということ。フルオーダーするほどのこだわりはないけど、もう少し好みに合わせた指輪を希望する場合はセミオーダーがおすすめです。
もう一つは、フルオーダーという方法です。2人の希望やこだわりなどを考慮し、デザイナーがはじめからデザインして製作していく方法で、世界に一つしかない2人だけの特別な指輪を作ることができます。イメージやこだわりがはっきりしている場合などにおすすめです。

結婚指輪を自分たちでデザインする際の注意点

結婚指輪を自分で作る場合には注意点がいくつかあります。
一つ目はデザインを考えるのが大変ということです。特にフルオーダーの場合、何も考えずにお店に出向いてしまうと、どのような指輪にすればいいか迷ってしまい決められなくなってしまいます。指輪の太さや曲線にするか直線にするかなどあらかじめ考えておくことでスムーズにデザインを決めることが出来ます。
また、フルオーダーの場合は、制作に手間がかかるため、価格も高くなりがちです。予算に見合ったデザインや素材などをある程度調べておくといいでしょう。
期間に余裕を持つことも大切です。セミオーダーでも1~2ヶ月、フルオーダーで長い場合だと半年程度の期間が必要です。時間に余裕を持って作るようにしましょう。

© Copyright Wedding Ring Vows. All Rights Reserved.